子どもにとってテレビゲームって悪?

子どもにとってテレビゲームって悪?

ウチは子どもと一緒にテレビゲームをして遊ぶことがあります。子どもがゲーム好きだからということもあるですけど、やはり私も奥さんもテレビゲーム世代なので、好きなんですよね。
しかし、色んなところで子どもにとってテレビゲームに対してそれが良いものかどうなのか、というのが議論されています。

 

先日近所の奥さんから子どもがゲームをすると30分の約束が、ズルズル長引いて2時間遊びっぱなしで困っているという相談を受けました。
また、他のある家庭からはテレビゲームは過激な暴力シーンがある場合があるので、悪影響しか与えないという話をされました。

 

 

要は子どもがダラダラとテレビゲームに夢中になったり、暴力シーンに刺激を受けるから悪だという考えがあるようです。
しかし、テレビゲーム=悪という考え方自体がナンセンスです。これはしつけの問題です。テレビゲームであろうがテレビであろうがダラダラしてしまうのは約束を守っていないだけで、テレビゲームという中身は関係ありません。うちも時間制限を儲けていますが、時間オーバーしたらコントローラーを取り上げます。それで終わりです。

 

また、暴力シーンに悪影響を与えているから悪というのもおかしな話で、万が一、影響を感じているようだったら、テレビゲームと現実の違いを説明してあげればいいだけです。第一悪影響を与えているという科学的な証明はされていないので断片的に判断するのは間違っています。

 

むしろテレビゲームによって親が子どもにしつけをする機会をもらっていると考えれば健全なツールです。